『わたしが正義について語るなら』

開発部の古奥です。

みなさま、アンパンマンをご存じでしょうか。

知らない方は居ないのではないでしょうか。あんぱんまん。

最初は絵本童話として、人間の顔をしていました。恰好良くもなく太っています。

そして飢えに苦しむ子供にあんぱんを配るお話だったようです。

作家のやなせたかしさんの従軍経験から生まれたそうですね。ちょっとググりました。

その「正義」とは【飢えた人に食べさせること】【ほんとうの正義とは必ず傷つくもの】

といったものだそうで、

「アンパンマンは顔を食べさせる」「食事をしない」「顔が汚れるだけで弱くなる」

事で表現されているそうです。

はい。

そんな事をインプットして行ってきたアンパンマンミュージアム。

子供のテンション爆上がり❢すっごい盛り上がりでした(^-^;

前置きした内容を全て忘れて子供を追いかけまわした一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です