あれから4年…

熊本地震から4年。

死と隣り合わせた瞬間と
人生観が変わったきっかけ

前震が起こった次の日
ちょうど家を新しく建て替えての
引っ越しが15日でした

11時ごろ後片付けが終わり
風呂に入って寝ついた頃の本震でした

TVが足の上に落ちてきた瞬間に
地震だと気づき、子供達を叩き起こして
揺れで足元も覚束ず、必死に外に出た
記憶があります。

建てたばかりの家がボロボロ…

その日から家族での車中泊

車から仕事に出勤し、車で寝泊り

生きていくのに必死だった記憶

ただ、人との繋がりや家族の存在が
生きる希望として強く感じる事の
きっかけもこの地震でした

それから4年が経ち、人類に新たな
試練が起こっています

人の分断を起こそうとしている
『新型コロナ』
収束が見えない為、光が見えない状況

ただ人間はどんな困難にも立ち向かい
克服してきました

今こそ人類に問われるのは心と心の
団結です

自分の大切な人達を守るため
まず自分が感染しない

後悔しない為に!

長文で申し訳ございません

最後に癒しを

癒やし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です